【「ツクールフォーラムアドベントカレンダー2020」特別投稿】『自作ゲーム第4弾「Maid vs Vampire」公開告知と制作秘話』

1. はじめに - 「Maid vs Vampire」の紹介

【ご案内】
 本記事は、「ツクールフォーラムアドベントカレンダー2020」24日目の記事です。

Maid vs Vampire

 ここでは、わたくし・テルミナ™が制作し、2020年12月25日(金)に公開する、自作ゲーム第4弾「Maid vs Vampire」について紹介致します。

概要

 本作は、資産家であるレーヌ家の屋敷を舞台とするアドベンチャーゲームです。

 主人公は、レーヌ家のパーティに出席した泉野家の当主・光男に仕えるメイドにして、彼の婚約者です。

 屋敷を探索し、追っ手の追跡をかわしながら、何者かによってさらわれてしまった光男の救出を目指しましょう。

 本作では、原則として敵を倒せません。また、敵に触れられると原則として即死します。ドアや屋敷内の仕掛けをうまく利用して、敵の追跡をかわしましょう。

 なお、標準的なプレイ時間は、1時間程度を想定しております。

特徴

「Maid vs Vampire」の特徴的な一コマ

 本作は、ゲームコンストラクションツール「RPGツクールMZ」で制作されたものですが、いわゆるRPGではなく、探索型のアドベンチャーゲームです。

 そのため、「RPGツクールMZ」で制作される一般的なRPGと異なる、以下のような特徴を持ちます。

  • RPGにありがちな敵との戦闘がない(敵キャラクタに触れられたら原則として即死する)。
  • レベルや経験値、HPや所持金等の概念もない。
  • マルチエンディングを採用している(プレイヤーの行動によってはバッドエンディングを迎えてしまう)。
  • 敵の追跡をかわすために、通常のRPGではまずない「扉を閉める」アクションが追加されている。
  • 同じマップ上でも場所によって視界が異なる。
  • その他多数

 ご興味を持たれた方は、2020年12月25日(金)以降に公式ページよりダウンロードしてください。

 是非とも、多くの方にプレイしていただきたいと思います。